アパート

賃貸マンション選びを失敗しない知識とコツ|マンション職人

魅力ある副都心に住む

インテリア

巨大な繁華街を持つ街

池袋は東京都豊島区の中心的なエリアで、渋谷・新宿と並ぶ東京山の手の副都心の1つです。ターミナル駅には数多くの在来線と地下鉄線が乗り入れ、東京のみならず日本でも屈指の乗降客数を誇っています。池袋のターミナル駅周辺には広大な繁華街が形成されており、毎日多くの人で賑わっています。都内最大級の売り場面積を持つ百貨店のほか、水族館やテーマパークを内包した超高層ビル、800以上の客室を有する大型ホテルなど、スケールの大きな施設が集中しています。こうした特徴を見る限り、池袋は「遊ぶ街」であって「住む街」ではないようにも受け取れます。しかし駅から少し離れると閑静な住宅地が広がっており、賃貸マンションの物件も豊富です。利便性と快適性をともに満足させる住宅を見つけることも可能です。

地区ごとに異なる特色

池袋エリアの賃貸マンションは、住宅街の中・低層タイプと幹線道路沿いの高層タイプのおおむね2種類に分けることができます。ターミナル駅から見て西側には都立の芸術劇場や有名私立大学などが立地しており、その周辺にはかつての屋敷町の風情を残した住宅地が広がっています。このエリアに所在する賃貸マンションは、文教地区にふさわしいシックな雰囲気の物件がメインとなっています。一方、駅東側の都電が走るエリアには一転して庶民的な雰囲気がただよっています。山の手にありながら下町情緒も味わえる地域として最近では若い人の間でも人気を集めています。さらにこの街の西側を走る山手通り、中央を走る明治通り沿いには、オフィスビルに混じって大型の高層賃貸マンションが並んでいます。こちらは交通アクセスの良さで人気があります。

Copyright© 2016 賃貸マンション選びを失敗しない知識とコツ|マンション職人 All Rights Reserved.